早いもので今日から三月、愛知県内の高校では卒業式が行われ、別れと出会いの季節にもなってきましたね。

さて、11月6日~13日までご縁をいただいた「インド4大仏教聖地巡礼記 その7」をお伝えします。

「その6」ではインド・デリーのホテルからルンビニ―に向かう朝

までをお伝えいたしましたね。

 

インド二日目の朝、デリーのホテルを出て、お釈迦さまの生誕地・世界遺産ルンビニ―に向けてバスに乗りデリー空港に向かいました。

国内線の港内にはまさにインドを感じるオブジェや飾り等があり、当然乗客もインド人ばかりでインドに来たことを実感しながら、デリー空港を離陸、一時間半後にはインド北部のゴラクプール空港に着陸し、そこは高い建物のないインドの片田舎を感じながらも空港内にはインド軍の制服を着てライフルを肩に背負う兵士と空港出入り口には戦闘機のオブジェをみて、皆一同これまでとは違う緊張感を持ちながら、バスにてルンビニ―にむけて出発ー。

そこからルンビニ―へは、約4時間のバスの旅。(まだまだ先は長いです;;)

空港を出発してすぐ渋滞に巻き込まれてしまい、その訳はヒンズー教のお祭りの行列とかち合ってしまったとのこと。

象に乗ったヒンズーの女神に扮した少女たちを中心に多くの市民がスピーカーから大きな音楽を流しながら行進してきます。道路の両側にはお祭りの露店が並び、とても活気にあふれていました。

ルンビニ―はインドの北、ネパールにあるので途中バスで国境を越えて4時間バスに揺られながら、ガイドさんからインドやお釈迦様の話を聞きながらこの日はルンビニ―市内のホテルに着くころには日も沈み暗闇の中にホテルのイルミネーションが綺麗でした。

夕食はもちろん、インドもしくはネパール料理でした。

二日間移動してここまでやってきました。

明日はいよいよお釈迦様の生誕地に向かいます。

が、「その8」をお楽しみに~