11月6日~13日までご縁をいただいた「インド4大仏教聖地巡礼記 その3」をお伝えします。

「その2」では、インドに行けるまでの経過でしたね。

このインド行きの主催は、千葉県成田市にある真言宗智山派大本山成田山新勝寺様の開基1080年祭記念大開帳が無事に結願したことのお釈迦様への御礼参りとして行われました。

私自身は成田山新勝寺様とは特に関係はないのですが、お声をかけていただいたT住職のお陰です。

今回の参加者は全員で34名でしたが、半分強の参加者は全国の成田山の僧侶の方であり、名古屋近郊からは一般の方々もいらっしゃいました。

私も過去に何度かの海外旅行の経験がありますが、インドとなると良く分からず、イメージとして『とにかく暑い国、水やトイレなど不衛生、カースト制度で貧富差が大きい、食事はなんでもカレー』という、偏ったものでした。

旅行の一か月ほど前に、名古屋からの参加者を集めた説明会があり、日程や注意点、持ち物等を聞き、だんだんインド行きへの気持ちが高まっていきました。

インド対策として用意したものは

・水当たりをした時のために、下痢止めとうの薬や大量のトイレットペーパー、おかゆなどフリーズドライの和食、カロリーメイトなどの栄養補助食品。

・暑さ対策のために、日焼け止めクリームや汗拭きタオル、除菌ウェットティッシュ。

そうそう、パスポートも切れていたので、パスポートも新たに取得しました。(たぶんも海外旅行はいけないと思い、5年用に)

スーツケースも新調しようかと思いましたが、壊れてもいないし今後も使わないと思い、20年も前の物が大活躍してくれ、衣類などは向こうで捨ててくる予定で、古いもの捨てれるものを持っていきました。

出発当日ギリギリまで何度もスーツケースを空けたり閉めたりして、説明会からの一か月は慌ただしく過ぎていきました。

 

『その4 へづつく』※次回からはいよいよインドへ出発です