報恩感謝の先祖供養のご案内

お地蔵様に卒塔婆をお建てしす

お地蔵様に、私たちからのお手紙であるお塔婆を建てて幸せを願いお焼香します。

ご本尊様にご先祖様水子さんのお供物をお供えします

ご先祖様にきれいなお花、季節の果物、好きだったお菓子、お子様のお菓子などをお供えしましょう。


今、ここに私たちがいるのは、父、母、祖父、祖母、曽祖父、曾祖母、・・・・・と生命の誕生から途切れることなく、続いてきた命を受け継いでいます。

私たちのこの体に、血に、肉に、心に、これまでの数えきれない命が宿り、今の私たちがいます。

まさに、お陰様です。

私を私としてくれたご先祖の皆様のご冥福をお祈りし、感謝を捧げることで、私たちの暮らしも安心して幸せを感じます。

また、ご先祖様も私たちを見守ってくれ、見えないだけで、気が付かないだけで、いつも支えてくれています。

ご供養はご先祖様と私たちが幸せになる道しるべでもあります。

先祖供養積徳の要でもあります。

積徳の家に、余慶あり」といわれ、”家門繁栄の礎”でもあります。

是非、ご祈祷とご供養をあわせてご修行されますことをお勧めします。

先祖供養にお参りの際は、次のことをご確認してお出かけ下さい。
  • ご供養されるご先祖様の戒名
  • 生前のお名前
  • ご命日

お供え物《生花、お菓子、果物等》をご持参下さい。

先祖供養のご志納料・・・1霊位につき、3千円(読経塔婆供養)

ご供養の流れ

1)受付所にお入りになり、ピンク色のご供養申込書に、ご供養者様の内容《ご住所、お名前、生年月日、為○○家先祖供養(または戒名)也か水子供養、ご命日》をご記入下さい。

2)僧侶に申込書をお出しください。その折に、お供え物やエコー写真、ご志納料をお渡しください。

3)身と心を清める「清め香」を付けていただき、本堂にお入りください。

4)ご修行の準備が整いましたら、亡き赤ちゃんの読経塔婆供養をご修行したします。どうぞ、合掌されてご先祖様、赤ちゃんのご冥福をお祈り下さい。

5)ご供養の最後に、当寺に代々伝わる秘法で、お薬師さまのお力をいただく、「せんき加持」をお受け下さい。

6)終了後、順にご供養の意味やご説明をいたします。

7)お薬師さまを左側よりお焼香され、先祖水子供養のお地蔵様にお塔婆をお納めください。

8)お忘れ物のないよう、お気をつけてお帰り下さい。