まず初めに、

一日も一刻も早く、新型コロナウイルスが収束し日常生活が戻りますよう切に切に祈ると共に、感染された皆様には早期にご快復されますことを心よりお祈り申し上げます。

ご祈祷ご供養の受付についてですが、

通常通りの受付をさせていただいております。(相互の感染予防のために、マスクを着けての受付等ご対応と、受付所や本堂内のこまめな換気をさせていただいております。)

又、お越しいただきます皆様にも、可能な限りマスク着用にてお出掛けいただきますよう、お願い申し上げます。

 

連日のテレビでは、新型コロナウイルス情報に振り回されている感もあり、マスク等も手に入らなかったりと、ご不安やご心配もありますが、日々の暮らしにはその他の色々な事もありますよね。

こういう時期でも、こういう時期だからこそ、

「お薬師様にお参りに行きたい」

がん封じのご祈祷に行きたい

水子供養に行きたい

お守りを受けに行きたい

「だけど、、、  新型コロナウイルスが心配だし、どうしたらいいんだろう?」

 

お正月にはこんな不安な毎日を過ごすとは思ってもみなかったですね。

 

人類は長い歴史の中で新型コロナウイルスのような流行り病(伝染病や感染症)に苦しめられてきました。

平安鎌倉期には怨霊の祟りとされ、寺社が怨霊退散祈祷をしたり、流行り病という疫病を収める疫病退散祈祷もしてきました。

この度、多くの方のお声をいただき「おせんきさん」では、急遽この新型コロナウイルスの予防や回復を祈念した『疫病退散守』をご授与させていただくことになりました。どうかお薬師様のご加護をいただき、無事に過ごせますようお祈り申し上げます。

 

「疫病退散守」のご案内

 

さて、新型コロナウイルスは全国的に感染患者が増加の一途であるなか、まずは私達一人一人が最善最良の感染予防に心掛けることは言うまでありませんね。

今後さまざまなイベントの縮小や自粛、小中高の登校自粛を要請されていることを鑑みると、日常生活も行動範囲を控えた方がいいと思う方も多いと思います。

「おせんきさん」へお参りにいきたいけど、そのようなご不安のある中、無理してお越しいただくことはお薬師様も望んでおりません。

そんなときは、こんな方法もありますので、ご参考にしてください。

 

お寺へに足を運ぶのを悩まれている方へ

 

いまのところ、お寺は感染予防に心掛けながら通常通りに受付させていただいておりますし、普段と変わりなく毎日ご祈祷者の方にお越しいただいております。

予防のためにマスクを着けている方は多いですし、受付所には除菌ジェルもご用意しています。

それでも、お参りに行くのを悩まれている方はいらっしゃると思います。

はっきりお伝えします。

無理しないでください。お薬師様はわかってくれます。

お薬師様にお参りになれなくても、お薬師様からいただくご利益は変わりません。

そのような、新型コロナウイルスを警戒し予防のために、ご祈祷やご供養、お守りを受けたいけれど足を運べない方にホームページからオンラインでのお申込みが可能ですのでご案内させてただきます。

ご祈祷をお申込みされたい方へ

 

郵送祈祷という方法で、がん封じなどのご祈祷修行をお申込みしていただけます。詳しくは【オンライン祈祷お申込み(郵送祈祷)ページ】をご確認いただき、ご祈祷をお申込みください。

オンライン祈祷(郵送祈祷)お申込み

そして、新型コロナウイルスが収まった際には、是非お薬師様にお参りいただきますことを心よりお待ちしております。

 

水子供養をお申込みされたい方へ

 

大切な亡き赤ちゃんの幸せを祈る水子供養をお申込みされたい方へ、オンライン(郵送)で水子供養をお申込みいただけます。詳しくは【水子供養】ページから【郵送で水子供養申込み】ページをご確認いただき、ご供養をお申込みください。

水子供養のご案内そして、新型コロナウイルスが収まった際には、是非お薬師様にお参りいただきますことを心よりお待ちしております。

 

がん封じなどの御守りを受けたい方へ

 

オンライン(郵送)授与所という方法で、がん封じなどの必要なお守りを必要数お申込みいただけます。詳しくは【お守り通販分院】ページをご確認いただき、お申込みください。

オンライン(郵送)お守り授与所そして、新型コロナウイルスが収まった際には、是非お薬師様にお参りいただきますことを心よりお待ちしております。

 

新型コロナウイルスが一日も早く収束鎮静化して、一日も早く日常生活に戻ることを祈るばかりです。

どうか皆様も、感染予防と免疫力アップにご自愛いただきまして、くれぐれもご自愛くださいませ。

皆様にお薬師様のご加護を心よりお祈り申し上げます。