疳の虫封じ祈祷のご案内

お子様の健やかな成長と、子育てパパママの安心に。大人のストレス改善、アレルギー体質軽減にも。

お薬師様のお力をいただく「せんき加持」

一般には「虫封じ」と言われますが、「虫出し」・「虫除け」・「虫切り」とも呼ばれています。

「疳の虫」は特に小さい子は誰にもあるとされており、症状の出る子と出ない子がいますが、やはり症状が出る前に虫封じをご修行されるのが、お子様にもパパママにもベストです。

「疳の虫」は昔より赤子幼子の夜泣きや癇癪(激しく怒り暴れる事)などの原因の一つと考えられており、虫封じは下記の症状にご利益があります。

主な症状
夜泣き、おねしょ、癇癪、言葉の遅れ、病弱、情緒不安定、いじめ、不登校、暴力的行動、偏食、過食、拒食、アトピー、アレルギー、気力低下、集中力低下、引きこもり、奇怪行動、虚言癖など。
  • 赤子幼子は日々身体と共に心も成長していますが、その心と身体のバランスがズレたてしまったり、崩れてしまうために「疳の虫」の症状が表れやすいのです。
疳の虫封じ祈祷で、お子様の”心と身体のバランス”が整えば、その子らしい健やかな成長となり、パパママもより子育てが楽しくなり、円満な家庭生活につながります。
  • 青少年や大人の方々も虫封じ毎日のストレスや様々なアレルギー症状を軽減してくれます。
「疳の虫」は小さなお子様だけでなく、小・中・高校生はもちろん大人にもありますので、虫封じはどなたでもご修行していただけ、ご利益をいただけます。

虫封じ祈祷の方法虫封じは世間にさまざまな方法がありますが、当寺に代々伝わる真言宗開祖・弘法大師秘伝の方法で「疳の虫封じ」祈祷をさせていただいています。

  • 小さなお子様は虫封じの修法で何をされるか不安で怖がるために、いやがったり暴れる場合がありますので、親御さんがお子様の身体をしっかり押さえていてください。(決して痛がるようなことはしませんので、ご安心ください)

虫封じ祈祷の時期お子様の虫封じは、一般的には首が座った頃から小学校入学前までですが、就学後でも構いません。

青少年や大人の方でも、ストレスの多い方、アレルギーのひどい方も、虫封じをされると症状が軽くなっていきますよ。

ご祈祷のご志納料

お一人様のご祈祷志納料になり、お願い事は幾つでも結構です。

  • 初回3千円《ご祈祷札・お守り(ご祈願者様専用)等をご授与》
  • 2回目以降2千円《お供物ご授与》

(長期間祈祷)

  • 1ヵ月祈祷1万円(初回はご祈祷札・ご祈祷者専用お守・お供物、2回目以降はお供物)
  • 3週間祈祷7千円(初回はご祈祷札・ご祈祷者専用お守・お供物、2回目以降はお供物)
  • 1週間祈祷5千円(初回はご祈祷札・ご祈祷者専用お守・お供物、2回目以降はお供物)
  • 特別祈祷では、病氣平癒 がん封じ、手術成功術後回復、再発転移防止祈祷などを中心に長期間(1ヶ月・3週間・1週間)毎日ご祈祷修行させていただいております。
  • 郵送祈祷では、ご遠方にお住まいの方、入院中の方などでご参拝の難しい方に、メール(郵送祈祷フォーム)FAXご祈祷をお申込みいただけます。
  • FAXでのお申込みは、ご本人様のご住所・お名前・生年月日・お願い事(病氣平癒の場合は、病名、病状など)・お守袋の色・お守等送付先と氏名・ご連絡先TEL・祈祷方法(普通祈祷か特別祈祷の期間)を、FAX(0587-32-2537)にてお申込みください。

注1・お越しの際にタオル・肌着・パジャマ等をご持参いただければ、併せてご祈祷させていただきます。ご祈祷後は普段使いや入院の際にご使用下さい。


注2・ご本人がお越しになる際や、代理の方が参拝される場合も、ご本人のお写真(L版)をお持ち下さい。3ヶ月間お薬師さまの御宝前にお祀りしお祈りいたします。

「お」に

お礼参りの方も多く・・

ご祈祷をご修行され、病気が治った健康になった手術が成功した検査を結果が良かった、などのお願い事をお薬師様にご利益を頂かれた際は、必ずお薬師さまに感謝のお礼参り祈祷をご修行してください。

お薬師様とつながる善の綱

①受付所内のお申込台にて、白色のお申込書にご祈願者様の内容(ご住所、お名前、生年月日、お願い事)をご記入ください。

②受付台にて住職にご記入されたお申込書をお渡しいただき、ご祈祷内容をお伺いいたします。その際に、お写真やタオル等をお渡しください。

③本堂にお入りいただき、ご本尊お薬師さまの御手からつながっている「五色のお手綱ひも」のお好きな色を1本お持ちいただき、お座りになりお待ちください。

④ご祈祷の準備が整いましたら、ご祈祷をご修行させていただきます。合掌され一心にお祈り下さい。

⑤ご祈祷の最後にお薬師さまのお力をいただく「せんき加持」をお受けいただきます。

⑥お守り等のお供物をご授与させていただきます。

⑦左側から内陣にお祀りされている仏様、ご本尊お薬師さまをお参りされ、お忘れ物のないように、お気をつけてお帰り下さい。

⑧月に一度か季節の変わり目にご祈祷をお受け下さい。

思い立った時が、吉日ですね。