お焚き上げ縄

当山では毎年12月20日に古くなったり、ご利益をいただき返されたお守やお札を燃やす「お焚き上げ供養」をおこなっています。

その準備で結界を張る縄を手作りしています。

夏に早く刈った餅米用の稲藁を使います。

当寺に伝わる方法で巻き編みますが、これが半日かけて手に豆を作りながら完成します。

縄は20日朝に結界四隅に立てた竹を一周します。

皆様も20日は古いお守お札をお持ちになりお参りください。