今日から五月です。

が、一日中風が強く、寒くて、こたつで温まっていたいですが、そうも言ってられません。

18日から始まる「お砂ふみ」の準備を明日、明後日と行うためにその準備をしました。

本堂などには金ぴかの法具(仏具)が大小いろいろありますが、研磨剤で磨いてこすって、乾拭きしてピカピカにします。

特に燭台(ローソク立て)は毎日ローソクを立てているために、ロウが垂れてこびり付いているので、下処理が必要です。

大量の沸騰したお湯を用意し、燭台のロウのついたところを熱湯をかけ、ロウを溶かし流します。

燭台も20台くらいあるから、大変でした。

でも、これをしないと明日がもっと大変です。

皆さんの仕事でも、料理でも、遊びでも、準備は大切ですね。

当寺では5月18日~21日まで

四国お砂ふみ遍路

を行います。ぜひ、お参りください。