今日も暑い日になりましたね。

お砂ふみも、日に日に近づきます。

今日は、お砂ふみご本尊の弘法大師様とご縁を結ぶ「善の綱」を結びました。

お砂ふみお手綱

善の綱とは、仏様と私達をつなぐ紐で、白い晒や五色の紐を使います。

先は弘法様の右手、手元には五鈷杵という法具と結ばれています。

五鈷杵とは、密教法具の中の金剛杵の一種で、ヴァジュラとも言い、先端の尖った(とがった)手に持つ武器でした。

仏の教え(智慧)の働きが、煩悩という敵を打ち負かすことになぞられて仏の智慧の徳をあらわす法具となったものです。

また、五鈷杵は弘法さまが右手にお持ちの法具で魔を払い、身を守る密教を代表する法具です。

長い説明になりましたが、是非お砂ふみにお参りいただき、八十八ヶ所お参りされた最後は弘法様とつながっ五鈷杵を持ち、弘法様とご縁を結ばれ、災厄を除き、身心の健康をお祈りくださいね。