どう転ぶか?

お久しぶりですね。
暑さもずいぶん落ち着き、今朝なんかは寒くて目が覚めました。

もう夏も終わりで、いつの間にか秋になっていましたね。

「あき」といえば、NHK朝の連ドラの『あまちゃん』が明日で終わってしまいますね(涙)

私にとってはこの半年を癒してくれた、自然と笑っていた、とてもあったまる時間でした。

ドラマでは、あきちあんもゆいちゃんもなつばっぱもみんな、そして現実の私たちも、いろんなことが起こりますね。

いいこともわるいことも。

人生山あり、谷あり。

いいことは、いいのでいいんですが、問題は悪いことが起こった時が大事ですね。

人生は、よく山登りに譬えられますが、登っていれば片方は山側で、反対は谷川です。

転んだ時にどっち側に転ぶかで、大違いです。

山側に転べば、軽く起き上がれますが、谷側に転ぶと、転げ落ちちゃうかもしれません。

先の見えない山を登る私達を、山側に転ばせてくれるのが、手を合わせる心ですね。

手を合わせる心があり、手を合わせていると、必ず良い方向に導いてくれます。

手を合わされている皆さんなら、お分かりの事ですが・・・

人生転ばない人はいません。

どう転ぶか、で先が変わってきます。

山側に転ぶ生き方をしたいですね。