「人身受け難し、今、すでに受く」

今日は10月20日は「秋の大祭」でした。

本降りの雨にもかかわらず、多数の参詣者さまにご来山いただき、誠に有難いかぎりで、皆様のお薬師様にへの篤いご信心の賜物と心より感激しました。

上の句はお経の一節です。

私たちは、生れ難きこの世に奇跡的に生をいただきました。

これは、【生れさせていただいた】ことだけで有難いことである。

この有難さをわかっていれば、その後の人生ちょっとやそっとでは、めげない、くじけない、へこたれない。

生れれただけで、有難い。

そのことを忘れないで行きたいですね。



がん封じ祈祷などの病気平癒のご祈祷と亡き赤ちゃんの幸せを願う水子供養は、
ぜひ「おせんきさん」とご縁を。