今日は冬至ですね。

一年で日が一番短い日であり、これからは少しづつ日が長くなり一陽来復の始まりでもありますね。

当寺では冬至の日に、星供曼荼羅という北斗七星や九曜などの星々をご本尊さまとして、星供護摩祈祷会をご修法し、節分祈祷札の開眼供養し、ご信徒皆様の一年間の除災招福、息災安穏をご祈念いたしております。

というわけで、今年も厳修致しました。
冬至星祭り

日の明ける身心共に引き締まる時間から祈りが深まるにつれ、だんだん明るくなり今日は澄み切った朝であったことは、この一年を期待させてくれますね。

節分祈祷札は節分当日まで星供曼荼羅の宝前にお祀りし、日々ご祈念いたします。

是非、節分星祭りをお申込みされ、2月3日は豆を撒いて厄除病除開運され、ご祈祷札をお受け下さいね。