20日から暦では大寒に入り、毎日寒い日が続いていますね。

まさに「寒中」ですから、寒くて当たり前でしょうが、やっぱり朝お布団から出るのはツラいですね。

寒が明けるのは2月4日で「立春」になり、春が始まり、厄年等の年変わりの日でもあります。

2月4日からの新しい1年が良き年になるように、前日の3日が節分であり、それぞれの星を供養祈願する「節分星祭り」を取り行います。

自分の星を供養祈願するということは、まさに自分を供養祈願することでもあります。

自分の味方は他の誰でもない自分であり、1年が健康であり円満であり、よりよき年にしたいのもやはり自分です。

皆様もぜひご家族お一人お一人、各自の節分星祭り祈祷をして、いいスタートにしてくださいね。

現在、これまでにお申込みいただきました方々の節分祈祷札にお名前を浄書しています。

その方その方が良い年になっていただけるよう、心を込めて祈りを込めて書いています。

ご祈祷札は節分当日ご祈祷豆まき後にお授与させていただきます。