こんばんは。

今日は特に暑い日でしたね。

梅雨明けは来週になりそうですが、名古屋特有の蒸し暑さはいよいよ始まりました。

ばてない様に、熱中症にならないように、自分は大丈夫と過信しないで、どうぞご自愛くださいね。

さて、「わ・か・い」シリーズも最後の「い」です。

わー笑う

かー感謝する

と来てその③、「い」はなんだとお考えでしたか?

「い」とは、

いきる かも、

いそぐ ではなく、

「いのる」 です。

手をあわせる。

お薬師様に、ごせんぞさまに、神様に、命あるものに、かたちの有無に関わらず、全てに「いのる」

心静かに、今を見つめる。

心静かに、わたしをみつめる。

心静かに、病をみつめる。

いのりは自分を越え、世界に、宇宙に広がります。

祈りは無限大にひろがり、私も広がり、宇宙と虚空と一体になります。

ご真言を何度も何度もお唱えする。

瞑想する。

座禅する。

写経する。

お墓参りする。

お寺にお宮にお参りする。

など、祈ることはいつでも、どこでも、だれでもできます。

「いっぱい(わ)笑って」

「すべてに(か)感謝し」

「(い)祈りのこころ」

わ・か・い

は人生を豊かにし、心を豊かにし、体にエネルギーを注いでくれます。

「身心一如」

身体と心は一つに繋がる。

もちろん、体を整える(食べる内容や、生活習慣、運動、治療方法など)も大切です。

でも、どちらか一つではなく、両面から病気を治す、健康に向かう事が大切でしょうね。

「わ・か・い」

これを実践し続けていけば、いつまでも若々しいワタシでいられますね。

わっはっは

アリガトウ

おん ころころ せんだり まとうぎ そわか