お中日(おちゅうにち)

といっても、中日ドラゴンズのことを上品に「お中日」と言っているわけではありません(笑)

今日9月23日は秋分の日であり、秋彼岸の中日ですから「お中日」といいます。

このところの陽気を利用してお墓参りに行かれた方も多いと思います。

曼珠沙華(別名彼岸花)もこの時期に真っ赤な(たまに白や黄色もありますが)花を咲かせ、彼岸の終わるころに花も枯れていきます。

渡辺和子さんの著書に「置かれた場所で咲きなさい」がありますね。

置かれた場所とは、今のここのことで、今成すべきことやるべきことをすることで、咲かせることでその花の種子は風に運ばれ新しい場所で芽を出す準備を始めます。

そうです。今の置かれた場所で咲かない事には次に進まないのですね。

咲かずに止まっていては、ここではないと発芽しようとしなければ、未来は開きません。

ご先祖様が絶えることなく咲かしてきてくれたから、私たちが自分の今の場所で咲かせることができるんですね。

あっちがいい、ここはイヤ、ヤダヤダという前に咲かせてみる、咲かせるなら大きくきれいな花を咲かせましょうね。

その花は同じものは一つもない「世界で一つだけの花」ですから。