こんばんは。

今日も暖かい日に、というか暑い日になり、春は雨のうちに終わり初夏が来たようですね。

毎日ご病気の方や様々なご祈願のご祈祷をご修行させていただいて気づいたというか、お薬師さまからおしえていただいたのですが、私たちが日々を、一生をより良く生きるためには、3つの「しん」が必要なのだそうです。

ではその三つの「しん」とは?

今日はその1を・・・
「身」、身体の「しん」、からだのことですね。

いわずもがな、わたしたちが見える存在としてあるのはこの身があるからです。

そうはいってもこの身も自由にはならず、今の世の借り物でしかありません。借り物なら乱暴に雑に扱っていいかというとその逆で、大切に扱えばより長く健康で一緒にいることができるのです。

どうすれば、より長くなるか?

毎日の積み重ね以外にありませんね。

食事、運動、睡眠などを見直す事。

特に病気になった時には、それぞれを見直すことが病気を治すことになるのです。

テレビや雑誌でいいと言っているものがホントにいいとは限りません。

食事も日本人には日本人にあった物が体に合いますし、

運動もその人にあった方法が。

睡眠も寝不足も寝すぎもダメです。

今もこれからも健康でいるように、さらに健康でいるように日々見直していきましょうね。

三つの「しん」パート1

「身」でした。