こんばんは。

今日も暑いですね。

この頃、地面を見ると蝉の死骸を見つけます。

一般に蝉は地中で7年、地上で7日の命だと言われています。

地に横たわる蝉さんは7日間精一杯鳴き続け、わが命を次に繋ごうとした、生きぬいた生き尽くした生き切った姿です。

そう思うと、その蝉たちには手を合わせずにはいれません。

自分に置き換えて、我が人生を生き切ろうとしているのか、行き尽くそうとしているのか、生き抜こうとしているのかと問いかけます。

まだまだ。

あーだから、こーだからと理由を作り言い訳をして、後回しにして時間ばかりが過ぎ、後になってあの時行動していればと悔やむ。

そんなことばかり浮かびます。

どの生命にも優劣はないと思いますが、生き尽くしていく蝉にはまだ自分自身遠い気がします。

蝉さんに「ありがとう」といえる自分になりたい。

いや、なる。

と誓う、今日この頃です。