今日8月13日はお盆スタートですね。

皆さまのお家ではどうのようにしてご先祖様をお迎えしていますか?

ご自宅にお仏壇がない方や、宗派によっては特に何もされない方もいらっしゃるでしょうね。

でも、ご先祖様がいないという方はいらっしゃるでしょうか?

いるわけないですよね。

自分が在るのは、父母、その両父母、又その両父母…

というように、宇宙の誕生、生命の誕生まで遡り、私たちの命は途切れることなく続いてきている、だからこの私がいるわけです。

仏さまの世界に帰られたご先祖さまの皆々様は一年ぶりの今日から三日間を楽しみに、私たちと共に過ごしてくれるのです。

ふだんケンカや言い争いの多い方も、この三日間は心穏やかにすごしてみませんか?

普段と違う様子を見せたってご先祖さまはみんな知ってるよ。

と思われるかもしれませんが、三日を穏やかに過ごすことができれば、普段だって穏やかに過ごせるということですからね。

お寺でも、夕方にお迎え火を焚いて、盆棚というご先祖様のお盆用の棚を用意し、お帰りいただかれたご先祖さまへお経をあげさせて頂きました。

お帰りになる15日の夕方まで私達と同じように、お食事を出して、お茶を出して、おやつを出してと、「おもてなし」いたします。

そう、ご先祖様のご供養は「おもてなし」の原点だと思っています。

見えない方々に喜んでもらえるように、私たち以上に大切に接する気持ちを私達日本人は持っているのですね。