こんばんは。

今日も蒸し暑い日でしたが、夜になり雨が本降りの様子ですね。

さて、今日の甲子園高校野球は愛知代表・中京大中京高校と東京代表・関東第一高校の対戦でしたね。

勿論私は中京高校を応援していましたが、生憎ご祈祷のため試合はみれませんでしたが、中京高校のサヨナラホームラン負けだったようですね。

あの一球さえ…

ピッチャーは悔やんでも悔やみきれない思いを背負い、キャッチャーもあの配球をしなければと悔い、各選手も自分のあの打席で打てていたらと悔い。

選手それぞれが悔やみ、涙していることでしょう。

悔やまないチームは優勝チームのみが歓喜の涙を流せるのですね。

それ以外の4000校以上のチームは皆悔し泣きし後悔します。

私達でも状況は違えど、悔やむことも苦しむことも、泣くことも多々ありますが、それを今後に活かすことが大切ですね。

勝ったことより、負けたことから学ぶことの方がはるかに多いものです。

10年先20年先、あの負けがあったから今の自分があるんだと胸を張れるこれからにしてもらいたいですね。

失敗も間違いも全て経験です。

その経験を明日に次にいかすことができることを喜んで、より良い人生を送りましょう。

中京ナイン、夢と希望と感動を有難う。