こんばんは。

昨夜から雨が降り、不安定な空模様ですね。

今日お昼前に、2回目の疳の虫封じ祈祷のお嬢様がご家族とお越しになりました。

初回は約1ヶ月前でしたが、その時はお嬢様の夜泣きが酷くて困っているとのことでした。

寝る前に、夜泣きかんむしの薬・宇津救命丸を飲ませていますが、あまり効き目がなく毎晩寝かせる時も夜中も夜泣きをして大変だったそうです。

そういうわけで1か月前にご祈祷を受けられ、その後は救命丸を飲まなくてもゆっくり寝てくれるようになったそうです。

併せて、皮膚の病もあるのですが、夏の暑さや冷たい甘い物の食べ過ぎで胃腸に負担を掛けてしまうのが原因であり、極力それらを食さないように改善されるようお願いしました。

私たちは不調があるとすぐ医者に罹り薬を飲みますが、それだけでは治るまでに時間がかかったり、逆にこじらせてしまいます。まずは生活習慣を見直す事が先決ですね。

不調の原因は生活のどこかに必ず潜んでいますからね。それはお医者さんでは分かりませんから。

疳の虫とされる症状も、ご祈祷でお薬師様のご利益をいただくと共に、生活を見直すことがさらに善いお子様との生活に欠かせません。

お子様の笑顔はご家族の笑顔です。

今日も笑顔になられたご家族が増えて有難うございました。