いよいよ梅雨入りし、ジメジメベタベタないやーな季節になりましたね。

「何で病気になったんでしょうね?」

そんな会話を信者さんと話しました。

お釈迦様も何事にも因果、原因があって結果があるといわれていますが、やはり病気にも当てはまりますね。

○○病になったという結果に、その原因が何かあるわけです。

肝臓を悪くする時は、お酒の飲みすぎや過度の疲労、怒りの感情が激しい時など。

でも、何で病気になったか分からないという方が多いですね。

食生活か、運動不足か、睡眠不足か、低体温か、ストレスなどなど。

しかし、病気を治していくには治療と共にその原因を考え、探し、生活や生き方を見直していくことが、治るにつながるのです。

些細なことでもいいですから、これかな?と思ったことから見直していきましょうね。