今日も暑い日になりましたね。

今日初めてお参りの方の願い事は、ご主人が末期とされる腫瘍がみつかったものの治療方法はなく、『一日も長く生きられますように』というものでした。

でもちょっと待ってください。

ご主人も『一日も長く生きられますように』と本当にそう思っているのでしょうか?

体調には異常もなく痛みもなく普通に過ごせているのに、消極的な願いでは善い時間を過ごせるはずもありませんね。

ご主人の心中は、『まだまだこれから。』

そう感じました。

「ご主人の人生をフルコース料理に譬えると、これからがメインディッシュです。誰もが最後はごちそうさまをしないといけませんが、ご主人のメインディッシュをおいしくできるのはこれからをどう生きるかです。西洋医学ができないなら、漢方でも食事療法でも代替療法でも健康に戻す方法は色々あります。お薬師様という最高の隠し味と共に自分が最高に美味しいと思う料理に仕上げて下さいね」とお伝えしました。

ご主人とご家族の目に希望の光が差していました。

今の自分を受け止めて、前を向いて今を生きて自分を活かす。

お薬師様には、ご祈祷には、祈りにはその力があり、ご縁の皆様にその力を受け取っていただけます。

話しは変わりますが、エアコンはスタート時が一番電気を使うそうで、一日中入れっぱなしの方が省エネなのだそうですよ。