今日は暑いの言葉では表せない程の暑さでしたね。

オリンピックも始まり、高校野球も東海勢は全て勝ち進み、昼も夜も観戦していたら寝不足になってしまいますね。

イチロー選手も大リーグで3千本安打を成し遂げ、胸まで熱くなります。

また天皇陛下のお気持ちを拝聴し、陛下の国と国民を思う真摯なお心に込み上げるものがありました。

さて、昨日7日は「7日盆」という行事があります。

お盆は13日~15日ですが、7日はお盆の準備を始める日です。

わたしも昨朝早くお墓参りに行き、お掃除や線香やおローソク、お花やスイカをお供えし、「ご先祖様いつもありがおうございます。まもなく皆さんお楽しみのお盆ですので、お出掛けの準備をはじめて下さいね」と読経してきました。

お墓の帰りにふと思ったことがあります。

いずれ私たち誰もが命終え旅たつ時がありますが、その時向こうに持っていけるものは何か?

お金も家も宝石もお酒も何も持っていくことはできませんね。

持っていけるのは、生前に行った善悪の業(カルマ)です。

良い事も悪い事も全てが自身のカルマ通帳に貯められ、あの世へ持参するのですね。

であれば、悪い事を極力控え、1つでも善いことを増やす毎日を送りたいものです。

それが、自分も喜びとなり、他も喜びになり、死後も良い事になり、まさに良い事だらけです。

この良いことは、どこでもいつでも、健康でも病気中でも、誰にでもできます。しかもお金はいりません。

この世の生き方があの世を活かす。