八万四千プロジェクト.png

令和の大勧進

『八万四千プロジェクト』

薬師十二神将造立(作 加藤巍山 仏師)

 

ご信徒の皆さまには、御本尊せんき薬師如来にご加護をいただかれ、日々ご清適にお過ごしのこととお慶び申し上げます。また平素は、当寺興隆のため格段のご信援を頂いておりますこと、厚く御礼申し上げます。

 

 さて、日本で唯一とされる、せんき薬師如来をご本尊とする現本堂は、十方有縁のご信徒の方々の浄財ご寄進により約10年の歳月をかけて、平成5年に落成させていただき、併せて御本尊せんき薬師如来、日光月光両菩薩の薬師三尊も新調し奉祀されました。

 

 薬師如来には、十二神将という脇侍がおり、お薬師様を信仰する私たちを守護する十二体の武神です。信仰の妨げとなる病難・苦難・災難を祓い、それぞれに十二支を配し、生まれ年や月、日、時間と十二方位の守護神となっています。

 

 薬師三尊と併せて十二神将をお祀りすることは、本堂建築の構想当時からの目標でもありました。そこで、本堂落成から間もなく30年を迎えるに当ると共に、不安の続く世相を世界平和と人々の安寧へと導く令和の大勧進事業としまして、「薬師十二神将造立」を発願いたしました。

 

十二神将は各七千の眷属、総勢八万四千の眷属(けんぞく)をもち、私たちの煩悩の数や、お薬師様の救いの術の数ともいわれます。

 

この度、新たに十二神将を新調しお迎えするにあたり、全国津々浦々の皆様にこの吉縁を結んでいただきたく、眷属の数に合わせて、『八万四千プロジェクト』と命名いたしました。

 

制作にあたっては、巡り合うべくして導かれるような奇縁を頂戴し、いずれはあの運慶快慶をも凌駕するであろうと今世界から最も注目されている仏師、加藤巍山師が手掛けてくださることになりました。

 

先般、巍山師を当寺にお招きし、十二神将造立への想いをお伝えし、巍山師からも制作に向けてのご了承と熱い意欲を頂戴しました。

 

通常、仏像一体を制作するには長期間を要しますので、十二体すべてが調うまでには数年間を掛けて行う、まさに令和の大事業となります。巍山師が制作された十二神将は後世に国宝級として名を残す名作になることと信じております。

 

つきましては、お薬師様を篤くご信仰される皆様には、古来より大変多くの方々を救い癒してきた御本尊せんき薬師如来が、皆様ご自身やご家族皆様、大切な方々、ご先祖の皆様、そして未来に縁をいただく人々にますます霊験功徳を下さるよう、本プロジェクトに大いなるご理解と格段のご賛同ご協力を頂きたく、ここに謹んでお願い申し上げる次第です。

 

詳細は決まり次第順次ご案内いたしますので、どうそ楽しみにお待ちください。

 

合 掌

せんき薬師 西福院

第二十九世住職 吉田承峰