お護摩祈祷

護 摩 と は

 護摩(護摩供)とは、インド言語のサンスクリット語でホーマ(homa)といい、《焚く》《焼く》などの意味のある言葉です。

 日本の密教には真言密教(東密)と天台密教(台密)がありますが、当寺は弘法大師空海が開いた真言密教を代々継承しています。

 護摩供は真言密教において最高の祈祷法です。

 護摩供とは、ご本尊のせんき薬師如来の御宝前に設けられた護摩壇の壇上に香華、五穀、お供物をお供えし、斎戒沐浴し身心を浄めた導師(祈祷師)が真言と印を結び、奉納された護摩木を焚いてお薬師様をご供養することにはじまる、霊験あらたかな厳粛な祈りです。

 護摩の炎は智火(ちか)とされ、お薬師様の智慧と慈悲を表し、炎がお薬師様そのものでもあります。

 護摩木に記した、奉納者の住所氏名お願い事は、煩悩を表しています。

 すなわち護摩供とは、煩悩(苦しみの根源でもあり、幸せへの源泉でもあります)が込められた護摩木を、お薬師様の智慧慈悲の炎で焼き尽くすことで、身心が浄められ、様々な願望が成就する儀式なのです。

お護摩祈祷の修行日

令和 2 年

  7月20日(月)月例縁日

  9月20日(日)月例縁日

10月20日(火)秋の大祭

11月20日(金)月例縁日

12月  4日(金)開創記念大祭

お護摩修行時間

午前10時00分

午前11時30分

午後2時00分

※ 開始15分前までに受付にお入りください

注)お護摩祈祷にご参加いただける方は、ご祈祷またはご供養のお申込をされた方と同行者さまに限らせていただきます。

『添え護摩木』祈願のご案内

 

お薬師様に添え護摩木を供じてお祈りします。

 

・添え護摩木は、ご祈祷またはご供養のお申込一件につき、一本づつお渡しいたします。

(追加の添え護摩木も一本百円でご用意しています)

・添え護摩木にご自身でお願い事や住所等を書き、お護摩祈祷の終りに護摩壇までお進みいただき、燃え盛る護摩の火に投じて諸願成就を祈ります。

・特にご病気の方は、患部を添え護摩木で良く撫でてから投じてください。

添え護摩木の書き方

 表面ーご住所・お名前・数え年をご記入下さい。

 裏面ーお願い事をご記入下さい。

 ┗ 節分 星祭り

病気平癒ガン封じ祈祷と水子供養のお寺

「せんき薬師」(西福院)

受付時間  

 午前9時~11時30分

 午後1時30分~3時

お休み  

 火曜日

(行事日、祝日は受付いたします)

〒492-8214 

愛知県稲沢市大塚南3-28

TEL : 0587-32-2531

(午前9時~午後6時)

© 2020 せんき薬師 西福院