病氣平癒祈祷

「病氣平癒(びょうきへいゆ)」

・病氣が完治、快復すること

”祈り”は、自分らしく楽しい人生を過ごす為の『隠し味』


 近年の医療技術の進歩は素晴らしく、医療の力で治る病氣はますます増えてきています。

 しかし、2020年に突如として現れた新型コロナウィルスのように、いつ治療方法が無い病気が現れてもおかしくありません。

 また、たとえ治療可能な病気であったとしても、治るまでの不安は無くなるわけではありません。

 

 では、病氣平癒の祈祷とはどのような意味があるのでしょうか。

「祈祷さえすれば病氣が治る」ということではなく、ご自身に合った治療を受けることや、生活習慣などの普段の生活を見直すことも大切なことです。

 それに加え「病氣を治したい」という願いを持ち、ご縁を結んだお薬師様に手を合わせ、病気になったご自身のこれからの生き方を考え、希望や目標目的を見出し、心安らかに毎日を生かさせてもらえる。という感謝の念を大きく深く持つことが、祈祷を行う意味のひとつだと思います。

「この世は、人生をいかに楽しむかを学ぶ修行の場」

 お薬師さまへの信心のもと、心安らかに楽しい時間を生きるのか、未来に対し、常に不安を抱えて過ごすかで、人生が変わってきます。

 人は信じるものがあるからこそ、自分と向き合う勇気が出るのではないでしょうか。

 

 過去は良い事も悪い事もすべて経験に過ぎません。その経験をこれからにどう活かすかで、その人らしい花を咲かせることができるのです。

思い立ったが吉日です。

是非とも仏縁をお結び下さい。

せんき薬師 お守り授与品バナー

© 2020 せんき薬師 西福院